非暴力の徳性には、生き物を傷つけないことにとどまらない意味があります。あらゆる生命を傷つける原因になることをやめるべきです。
自分の行為だけではなく、言葉や思いによって傷つけることさえ、避けるべきです。人を傷つけたり、屈辱を与えるようなことを考えてはいけません。