シャンカラは断言しています。 神にはいかなる形もなく、いかなる特性もない。 神について語れるとすれば、至高、光輝という言葉によってのみである。 彼はまた次のようにも述べています。 梵我一如、すなわち人間個人は普遍的存在となんら変わることがない。 多種多様に変化するように見えるとしても、 それはブラフマンそのものである。 真実と偽りが交錯したものとして見えてしまうのは、 不可思議のベールを通して見るからであり、 そのベールこそマーヤー、無明と呼ばれる見せかけなのである。 ババ