« プラシャンティ・ニラヤムでの出来事 | Main | Bhava Bhaya Harana »

Thursday, June 17, 2004

今日の御言葉 2004年6月17日

神を否定する人々は、自分自身を否定しています。すべての人は、子供、貧しい人に対して、あるいは他の役に立つよう、ハートの内に何らかの形の愛を持っています。その愛とは、内なる神性の火花である神です。どれほど小さく、はかなくとも、各人にはアーナンダ(至福)があります。平安、無執着、同情の念があります。これらすべては、人々の心の鏡に映し出された神性の反映です。

ババ

プラシャンティ・ニラヤムの掲示板より
2004年6月17日

Those who deny God are denying themselves. All have Love in their hearts, in some form or the other, either towards children or the poor or they work for the good of others. That Love is God, the spark of the Divine in them. They have Ananda (Bliss) however small or temporary, and that is a spark of God. They have peace, detachment and sympathy. All these are the reflections of the Divine in the mirror of their minds.

- Baba

Thought for the day as written at Prasanthi Nilayam today
17th June 2004

|

« プラシャンティ・ニラヤムでの出来事 | Main | Bhava Bhaya Harana »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30829/787560

Listed below are links to weblogs that reference 今日の御言葉 2004年6月17日:

« プラシャンティ・ニラヤムでの出来事 | Main | Bhava Bhaya Harana »