« チャイタニア・ジョーティ博物館の開館式 | Main | Radhe Govinda Gopala »

Saturday, June 19, 2004

今日の御言葉 2004年6月19日

ナマスマラナ(神の御名を唱える)は、献身の態度をより深めるプロセスです。苦難に直面したとき、嫌になって信仰を失うのではなく、このサーダナ(霊性修行)に一層堅固にしがみつくべきです。薬は、もっとも必要とされているときにやめるべきではありません。苦難にはじめて遭遇したとき、勇気や自信を失い、神の御名を投げ出すのは残念なことです。

ババ

プラシャンティ・ニラヤムの掲示板より
2004年6月19日

Naamasmarana (chanting God's Name) is the process by which an attitude of dedication can be cultivated and confirmed. When confronted by calamity, you must attach yourself to this sadhana (spiritual practice) even more firmly, instead of losing faith in it and getting slack. The drug should not be given up when it is most needed. The pity is that, when the first disappointment confronts you, you lose courage and confidence and give up the name of God.

- Baba

Thought for the day as written at Prasanthi Nilayam today
19th June 2004

|

« チャイタニア・ジョーティ博物館の開館式 | Main | Radhe Govinda Gopala »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30829/800253

Listed below are links to weblogs that reference 今日の御言葉 2004年6月19日:

« チャイタニア・ジョーティ博物館の開館式 | Main | Radhe Govinda Gopala »