« 御言葉アルバムを更新 | Main | サティア・サイ人間的価値観の教育(イギリス)ニュースレター »

Monday, June 28, 2004

神に近づくための処方箋

神の芝居における役者として、帰依者は高潔な性格の人、低俗な性格の人の両者を演じます。彼がだれかを侮辱したり傷つけるとき、実際は崇めている神を侮辱したり傷つけたりしているのです。貪欲や憎悪という雑草の生い茂るハートに、霊的情熱の種を蒔いても、アートマの恩恵や至福という収穫物を刈り取ることはできません。アヴァター(神の化身)に近づき、親しくしたいと願う帰依者にとって、必要最小限の道徳規範は、生きとし生けるものすべてに内在する神を崇め、それらに愛を捧げることです。

ババ

プラシャンティ・ニラヤムの掲示板より
2004年6月28日

The devotee regards both, persons of high character and persons of low character as actors in the Divine play. When he insults or injures anyone, he is, in fact inflicting insult and injury on the God he adores. He cannot reap the harvest of grace or the bliss of the Atma if he sows spiritual ardour in a heart full of the weeds of greed and hate. The basic moral prescription for the devotee who aspires to be near and dear to the Avatar (Divine Incarnation) is: Worship God and offer love to Him in every living being.

- Baba

Thought for the day as written at Prasanthi Nilayam today
28th June 2004

|

« 御言葉アルバムを更新 | Main | サティア・サイ人間的価値観の教育(イギリス)ニュースレター »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30829/858730

Listed below are links to weblogs that reference 神に近づくための処方箋:

« 御言葉アルバムを更新 | Main | サティア・サイ人間的価値観の教育(イギリス)ニュースレター »