« News for July 26, 2004 | Main | サイ・グローバル・ハーモニーの日本語プログラム »

Tuesday, July 27, 2004

Govinda Krishna Jai

ゴーヴィンダ クリシュナ ジェイ
歌:バガヴァン シュリ サティア サイババ

ダウンロード:
http://www.sathyasai.org/audio/audioprashanthi/govindakrishna.MP3
http://www.sathyasai.org/audio/rmstuff/bhaj02.ram


ゴーヴィンダ クリシュナ ジェイ ゴパーラ クリシュナ ジェイ
   ゴパーラ バーラ バーラ ラーダー クリシュナ ジェイ
クリシュナ ジェイ クリシュナ ジェイ クリシュナ ジェイ
   クリシュナ クリシュナ クリシュナ クリシュナ ジェイ
ゴピカ マーラ ハリ ピャーリ
   マイ ミーラ マナ ヴィハーリ
   マダナ モハナ ムラリ ダーリ クリシュナ ジェイ
クリシュナ ジェイ ラーマ クリシュナ ジェイ 
   ラーダー クリシュナ ジェイ
   バーラ クリシュナ クリシュナ クリシュナ クリシュナ ジェイ

クリシュナ、ゴパーラに栄光あれ
牛飼いの主、ラーダーの主に栄光あれ
ゴーピー(帰依者)に捧げられた花環を纏い
ミーラ(帰依者)の心に住み給うクリシュナに栄光あれ
魅惑的なフルートを吹くお方、クリシュナに栄光あれ
おおクリシュナ、なんじに栄光あれ

Govinda krishna Jai Gopala Krishna Jai
Gopala Bala Bala Radha Krishna Jai
Krishna Jai, Krishna Jai, Krishna Jai
Krishna Krishna Krishna Krishna Jai
Gopika Mala Hari Pyari, Mayi Mira Mana Vihari
Madana Mohana Murali Dhari Krishna Jai
Krishna Jai Krishna Jai Krishna Jai
Krishna Krishna Krishna Krishna Jai
Krishna Jai Rama Krishna Jai Radha Krishna Jai
Bala Krishna Krishna Krishna Krishna Jai

Victory to Lord Krishna, Gopala. Victory to the Lord of the cowherders and the Lord of Radha. Victory to Lord Krishna, who wears garlands offered by the Gopis (devotees) and who is the Indweller in the heart of Mira (devotee). Victory to the enchanting Flute-Player, Lord Krishna. Victory to Thee, O Lord Krishna.

|

« News for July 26, 2004 | Main | サイ・グローバル・ハーモニーの日本語プログラム »

Comments

I am wondering just what Nellie will do about this?

Posted by: mpe insurance | Sunday, December 12, 2010 at 08:01 PM

Wow! This blog looks exactly like my old one! It's on a entirely different subject but it has pretty much the same page layout and design. Outstanding choice of colors!

Posted by: free music downloads | Friday, April 03, 2015 at 03:18 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30829/1067743

Listed below are links to weblogs that reference Govinda Krishna Jai:

« News for July 26, 2004 | Main | サイ・グローバル・ハーモニーの日本語プログラム »