« July 2004 | Main | September 2004 »

Tuesday, August 31, 2004

News for August 30, 2004

今朝、バガヴァンは午前6時50分に来られました。一周された後、スワミはバジャン・ホールにイギリスのグループを招き入れました。午前7時に、スワミは中へ入られました。スワミはバジャンの始まる前に、プールナチャンドラに戻られました。

午後、スワミは午後3時40分に来られ、いくつかの古典音楽の演奏時に、再び祈祷ホールにイギリスのグループを招き入れました。午後4時40分に、スワミはプールナチャンドラに戻られました。いつものように、午後5時からバジャンが行われ、20分後にアルティが行われました。

Jai Sai Ram

source:http://sainews.blogspot.com/

| | Comments (169) | TrackBack (0)

Thought for the day -31st August 2004 - Onam

あらゆる宗教は、一つの基本原則を伝授します。それは、利己主義を排し、とるに足らない欲望を放棄することです。どの宗教も、神の栄光で内面を満たし、狭量な自負心を追い払うことを教えます。それは、無執着と分別の方法を養成し、それにより、より高次をめざし安寧を得るのです。すべてのこころは、絶対者である唯一神によって動かされることを信じなさい。すべての信仰は、絶対者である唯一神を讃え、あらゆる言語における御名すべて、そして人が思い描くことのできる御姿すべては、純粋な愛を通して崇められる絶対者である唯一神を象徴します。あらゆる土地、あらゆる教義の人に向け、エカバヴァ(一体性の態度)を育みなさい。

ババ

プラシャンティ・ニラヤムの掲示板より
2004年8月31日

Continue reading "Thought for the day -31st August 2004 - Onam"

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Thought for the day -30th August 2004 - Onam

光に向かって進むと、影は背後に落ちます。光から遠ざかれば、あなたは自らの影を追いかけることになります。一歩一歩を神へ近づく糧とすれば、マーヤー(まぼろし)である影は潜み、決してあなたを惑わすことはないでしょう。着実に、決意を持って行いなさい。過ちを犯すことなく、道を踏み外して後悔することのないように。犯した過ちを後悔するよりも、まずは正しい判断をすることです。

ババ

プラシャンティ・ニラヤムの掲示板より
2004年8月30日

Continue reading "Thought for the day -30th August 2004 - Onam"

| | Comments (0)

Monday, August 30, 2004

ムンバイにハードロックカフェ到来

2004.8.28
「Hindustan Times」 - インド、ニューデリーに掲載

ムンバイのロックファンへ、ハードロックカフェが到来

抜粋:
…HRC(ハードロックカフェ)はインド人と強い結びつきがあります。2人の創始者のひとり、アイザック・ティグレットはサティア・サイババの信奉者となる前、1988年に彼の株式を売り払いました。無料の心臓治療を提供しているプッタパルティのシュリ・サティア・サイ高等医療機関は、ティグレットから援助(資金と個人的活動)を得ました。…

Mumbai headbangers, Hard Rock Café coming

| | Comments (0) | TrackBack (0)

News for August 29, 2004

今朝、バガヴァンは午前7時30分に来られました。スワミは女性側を通って来ることで、ダルシャンの近道をとりました。ベランダに入る前にヴェーダ吟唱の少年たちの前を通過して、スワミは男性側からベランダに入りました。その後スワミは車を降り、ヴェーダ吟唱の少年たちの前に来て、インタビューのために複数の大臣が待っているインタビュールームへ、ゆっくりと移動されました。スワミは午前8時30分頃にインタビューを終え、祈祷ホールに入られてすぐに、バジャンが開始されました。午前8時50分に、スワミはプールナチャンドラに戻られましたが、バジャンは午前9時10分まで続けられました。

午後、バガヴァンは午後2時20分に来られました。スワミはグジャラート州長官ナレンドラ・モッディ氏をインタビューに呼ばれました。15分後に、スワミはパルティとホワイトフィールドのすべての病院の少年たちを呼ばれ、彼らに午後4時20分まで話しをされました。それから、スワミはすぐにプールナチャンドラに戻られました。午後5時にバジャンが開始され、午後5時20分にアルティが行われました。

Jai Sai Ram

source:http://sainews.blogspot.com/

| | Comments (1) | TrackBack (0)

News for August 28, 2004

今朝、バガヴァンは午前6時50分に、オナム祭のため行列を組んで来られました。サイ・クルワントホール全体はココヤシの木の葉で飾り付けられ、いたるところ色とりどりでした。高座の両側には、美しく光り輝く象のネッチパッタム(象の前頭に付ける飾り物)がありました。行列は、プールナ・クムバム(水の入った特別な壺)をもつ3人のパンディット(僧侶)によって先導され、ヴァイコムの小さな子供たちが、ヴェーダを唱えながら後に続きました。その後に、両手に灯火を携えた少女によるタラポリ(年祭)が続きました。この後には、カヴァディ・アッタムのグループです。それからスワミは車で来られ、堂々とした様子でホール中央で降りられました。そして、スワミは高座に移動されました。スワミが座られたとき、ナダスワラムとパンチャ・ヴァディアムがヴェーダの吟唱に合わせて演奏されました。それから、バガヴァンはプログラムを開始するよう言いました。歓迎の歌が3人の帰依者によって歌われました。その後、文化プログラムが開始されました。テーマは次のようになります―アンドラから来た2人が、偶然にアンドラのバリ王に会いました。尋ねられたとき、バリはヴァーマナがパルティで化身されたということを聞き、パルティに行くところだと答えました。このプログラムで、ケララのさまざまな文化、伝統舞踊が披露されました。その後、スワミはケララ州長官に話しをするように言いました。突然、スワミは中へ入られましたが、スピーチはそのまま続きました。その後、運輸大臣のバラクリシュナ・ピライ氏がマラヤーラム語でスピーチをされました。それからバジャンが開始され、スワミは戻って1時間に及ぶ御講話をされました。スワミは、人生のほんの些細なことで動揺することなく、それに立ち向かう勇気を持つべきであり、それによって障害は姿を消すことを主張されました。ご自身を例にとり、スワミは鼻血を出したときに中へ入り、それを拭き取って医者の忠告に従わずに外へ出たこと仰いました。しかしスワミは、1時間立って話し続けてもスワミにとって何ともないことを実証されました。最後、午前9時40分にアルティが行われ、スワミは午前10時05分にプールナチャンドラに戻られました。

午後、スワミは午後3時に来られました。スワミは30分間、少年たちによるヴェーダの吟唱を聴かれました。その後、シュリサイラムにあるスワミの学校の子供たちによる劇が行われました。劇はシャンカラのピトゥル・バクティ(絶対者や先祖への信愛)についてでした。その後、マラップラム地区の子供たちによる、バクタ・アムバリシャについての舞踊劇が行われました。それから、アバンの復唱(活気に満ちたパンダリ・バジャン)が行われ、午後4時40分にスワミはアルティを受けられました。その後、プラサーダムがすべての者に配られました。

Jai Sai Ram

source:http://sainews.blogspot.com/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

独立記念日(2004/8/15)の写真(プラシャンティ・ニラヤムにて)

2004年8月15日にプッタパルティのアシュラムで行われた独立記念日の様子を撮影した写真が公開されました。

さらにご覧になりたい場合は、こちらをご参照ください。
http://www.saibabalinks.org/pictures/2004/August15/2004.08.15.htm

関連URL:http://sai.way-nifty.com/sainews/2004/08/news_for_august_13.html

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サイの紋章および名称の不正使用の禁止に関する公示について

Om Sai Ram

インド政府より、「紋章および名称の不正使用の禁止」に関する公示がなされました。
詳細はSSOJのページをご覧ください。

サイの紋章および名称の不正使用の禁止について

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Pibare Rama Rasam

ピバレー ラーマ ラサム
歌:バガヴァン シュリ サティア サイババ

ダウンロード:
http://www.sathyasai.org/audio/audioprashanthi/pibarerama1.MP3
http://www.sssct.org/audio/10prr.MP3

rama.jpg
courtesy:http://www.storytellingmonk.org/
ピバレー ラーマ ラサム
ピバレー ラーマ ラサム ラサネー
ドゥーリ クリタ パタカ サムサーガム
プーリタ ナーナヴィダ パラ ヴァーガム
ピバレー ラーマ ラサム ラサネー

ああ 心よ!
主シュリ ラーマの御名を唱え、神の甘露を味わうことで
霊的枯渇を癒してください
それは一切の罪を滅ぼします
主ラーマの神聖な御名を唱えることは、あまたの美味しい果実の甘露を味わう
この上ない至福を与えるでしょう

Continue reading "Pibare Rama Rasam"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, August 29, 2004

News for August 27, 2004

今朝、バガヴァンは午前7時に来られました。ナダスワラムとヴェーダの吟唱が行われている間、スワミはダルシャン回廊を一周されて、女性側からステージに来られました。それから、スワミは降りて前進され、ヴェーダの吟唱を何分間か立ったまま聴かれました。ブリンダヴァン・マーラヤ地方の少年たちもまた、ヴェーダ吟唱の少年たちのちょうど後に座っていましたが、彼らは詠唱しませんでした。このことがスワミの注意を引き、スワミは彼らにどうして詠唱しないのかと聞きました。10分後、バガヴァンは中に入り、午前7時30分にダルシャンが終わりました。午後のプログラムについてのアナウンスがありました。

午後、バガヴァンは午後3時45分に来られました。スワミは完全に一周されて、ステージに来られました。エルナークラム地区のバルヴィカスの子供たちによる、バクタ・サカ・バガヴァンというタイトルの劇が行われました。この後、T.S Radhakrishnan氏、M.G. Srikumar氏、Unni Menon氏などのような有名な歌手による音楽プログラムが続きました。午後5時50分に、スワミはアルティを受けられました。

Jai Sai Ram

source:http://sainews.blogspot.com/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thought for the day -29th August 2004 - Onam

愛の光輝なき生命はありません。狂人でさえ、物質や人物を強く愛します。しかしこの愛は、あなたの本質すなわちあなたのハートにおわす神であるプレマスワルーパ(愛の顕現)の反映に過ぎないことを理解せねばなりません。あなたのハートからほとばしり出るその愛の泉なくして、あなたは一切を愛することはないでしょう。その泉を知り、それにより一層の重きを置き、世界のすべてをそれで覆い尽くして自己中心的こころの一切を放棄しなさい。あなたの愛した人たちに、愛の見返りを求めることのないように。

ババ

プラシャンティ・ニラヤムの掲示板より
2004年8月29日

Continue reading "Thought for the day -29th August 2004 - Onam"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nârâyanâ Bhaja Nârâyan Nârâyan Bhaja Nârâyan Nârâyan

ナーラーヤナ バジャ ナーラーヤン ナーラーヤン バジャ ナーラーヤン ナーラーヤン
歌:バガヴァン シュリ サティア サイババ

ダウンロード:
http://www.sathyasai.org/audio/audioprashanthi/narayanab1.MP3
http://www.sssct.org/audio/09nbn.MP3


courtesy:http://www.vahini.org/

ナーラーヤナ バジャ ナーラーヤン 
   ナーラーヤナ バジャ ナーラーヤン ナーラーヤン
タナ マナ ランジャナ バヴァ バヤ バンジャナ アスラ
   ニカンダナ ナーラーヤン
ジャプ ジャプ ピーダ パデー バクタ パラ バール バール
   アヴァターラ キヤー
パーパ ミターカラ ディーラ ディカーカラ マーナヴァ
   コー ウダーラ キヤー
クンジャ ヴィハーリ クリシュナ ムラーリ ヘー ギリダーリ ナーラーヤン
マツヤ クールマ ヴァラーハ ナラーハリ ヴァーマナ
   コー アヴァターラ キヤー
パラスラーマ アウラ ラーマ クリシュナ バナ ドゥストー
コー サムハーラ キヤ
ヘー アヴァターリ リーラーダーリ クンジャ ヴィハーリ ナーラーヤン
バジャナ セイ マナ コー サジャナ バナーカラ バクティ
  マルガー ディカーラディヤ
サイ バジャナ セイ バヴァサーガラ コー パーラナ
  ビー シカラーディヤ
パティトーダリ パルティ ヴィハーリ へー ギリダーリ ナーラーヤン
パティトーダリ パルティ ヴィハーリ サイ ムラリ ナーラーヤン

主ナーラーヤナの御名を唱えよ
主ナーラーヤナは災いと悪鬼を滅ぼす
彼は恐れを打ち祓い、心の平安をもたらす
主ナーラーヤナは、帰依者の悩み苦しむところ幾度となく、さまざまな姿をとって化身する
罪を滅ぼし、勇気と忍耐を与え、主ナーラーヤナは人類を救済した
パルティに住まわれ、帰依者のハートにおわす主サイ・ナーラーヤナの御名を唱えよ
ああ サイ・ナーラーヤナよ!
プッタパルティを逍遥し、神秘的な神の遊戯を指し示す
あなたはマツヤ(魚)、クールマ(亀)、ヴァラーハ(猪)、ナラハリ(人獅子)、ヴァーマナ(矮人)、パラシュラーマ(斧を持つラーマ)、ラーマ、そしてクリシュナとして、邪悪な者を滅ぼすために化身された
神への賛歌サイ・バジャンにより心を変質することは、すべての者を帰依の道へといざない、生死の大海を越境する道を示す
プッタパルティの神の御名を唱えよ
悩み苦しむ者を救うお方、主サイ・ナーラーヤナの御名を

Continue reading "Nârâyanâ Bhaja Nârâyan Nârâyan Bhaja Nârâyan Nârâyan"

| | Comments (5) | TrackBack (0)

Saturday, August 28, 2004

Thought for the day -28th August 2004 - Onam

オナムは、バリ王の変容とともに、主ヴァーマナの到来を祝う祭事です。ヴィシュヌ神がヴァーマナというブラーミンの矮人(こびと)に姿を変え、バリに近づき、三歩で歩けるだけの土地を要求しました。バリの師、シュクラチャリヤは彼を思い止まらせようとしましたが、バリは、いったん口にしたことを取り下げるほどの大罪はないと答え、ヴァーマナとの約束を貫きました。バリは真理を掲げている間、どんな窮状にも耐える用意をしていたので、真理と愛を通じて永遠の人生を手に入れました。これはバリの生から、我々が学ばねばならないことへの教訓です。肉体は水泡のようであり、心は暴れ猿のようです。肉体に従ってはなりません。心に従ってはなりません。あなたの良心に従いなさい。良心こそ、不滅です。

ババ

プラシャンティ・ニラヤムの掲示板より
2004年8月28日

Continue reading "Thought for the day -28th August 2004 - Onam"

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Thought for the day -27th August 2004

エゴを抑制し、真の喜びでこころを満たすために、奉仕に勝る規律はありません。奉仕は品位を貶め、下劣だと非難することは、このような恩恵を先延ばしにしています。奉仕の高まりがあらゆるところを覆い、その熱意ですべての者の心を捉えるならば、世に蔓延る憎しみ、恨みや貪欲の堤をぬぐい去ることが可能でしょう。あなたのこころを調和させ、同胞の苦楽に共感しなさい。あなたの愛で、世界を満たしなさい。

ババ

プラシャンティ・ニラヤムの掲示板より
2004年8月27日

Continue reading "Thought for the day -27th August 2004"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, August 27, 2004

News for August 26, 2004

今朝早く、オナム祭の一環として、パンチャヴァティアムに続きナダスワラム〔楽器演奏〕がありました。バガヴァンは午前7時に来られ、ヴェーダ吟唱とともにナダスワラムが続けられました。スワミは完全に一周されて、ステージに来られました。スワミは5分間ほどそこに立たれ、スワミが呼んだ家族にインタビューを与えるために、インタビュールームに行かれました。

午後、スワミは午後3時30分に来られました。スワミがダルシャンに現れたとき、ヴェーダ吟唱と一緒にナダスワラムが行われました。完全に一周されてから、スワミはステージに来られました。その後、オナム祭のプログラムが開始されました。はじめに、スワミ自身によって書かれたサイカータの朗読がありました。この後、NiveditaとKavalam Srikumarによる音楽演奏会がありました。その後にバジャンが行われました。およそ午後5時30分に、スワミはアルティを受けられました。

Jai Sai Ram

source:http://sainews.blogspot.com/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

News for July 25, 2004

今朝、バガヴァンは午前7時50分に来られました。スワミは男性側に行かずに、直接ベランダ上方に行かれました。何人かの来客と話された後、、スワミはインタビュールームに車を反転させるように言い、そこで車を降りられました。午前8時に、スワミは中へお入りになりました。

午後、プールナチャンドラで催しがありました。イギリスから102人のバルヴィカスの子供たちが来て、サイ・マヒマというとてもすばらしいダンス劇を披露しました。スワミは午後3時30分に、そのために出られました。プログラムは1時間続きました。スワミはグループ写真を撮ったり衣類を与えたりして、自ら彼らを祝福されました。午後4時45分に、スワミはアルティの後、中に入られました。

オナム祭は明日から始まります。バンガロールからの特別列車に加えて、ケララから100台にもおよぶ特別バスがやって来ます。

Jai Sai Ram

source:http://sainews.blogspot.com/

| | Comments (1) | TrackBack (0)

News for August 24, 2004

今朝、バガヴァンは午前7時20分にダルシャンに来られました。スワミは完全に一周されてからステージに来て車を降り、手摺りに向かって歩かれました。スワミはそこで、5分ほど立ったままヴェーダを聴かれました。それから、スワミはゆっくりと向きを変え、インタビュールームの方に歩かれました。午前7時45分に、ダルシャンが終わりました。

午後、プールナチャンドラでプログラムが準備されているので、サイ・クルワントホールでのダルシャンはないだろうと知らされました。スワミは午後3時30分に、ステージ(プールナチャンドラ)に降りられました。これは女性たちによって組織された音楽プログラムでした。ピアノを演奏した一人の女性に、スワミはネックレスに加えて指輪をプレゼントされました!また、ドイツ人、ポーランド人、アメリカ人の帰依者による唱歌がありました。プログラムは1時間30分間続きました。その後、スワミはすべての参加者にサリーを配られました。

Jai Sai Ram

source:http://sainews.blogspot.com/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

News for August 23, 2004

今日、バガヴァンは午前7時15分にダルシャンに来られました。スワミは女性、男性側両方を一周されてからステージに来られました。スワミはスリカークラム地区長官を呼ばれ、聴衆に話をするよう言いました。彼は午前7時30分から午前7時45分までの15分間話しました。彼は水不足など、スリカークラム地区の人々を襲ったさまざまな苦難について語りました。スワミはこのスピーチの途中に幾度となく移動されました。スピーチの後、スワミは彼にネックレスを物質化されました。それから、バガヴァン自身が登壇しました。それは午前8時30分まで続き、とてもすばらしい御講話でした。人々はこころに平安をもたらす神の御名を手放すべきでないと、スワミは説明されました。スワミはまた、このとても貧しい地区から来られた8000人の人々すべてに、無料の食事を与えることを決められました。スワミは御講話の最後に、サイ・バジャナ・ビナを歌われ、アルティが行われました。午前9時に、再びバジャンが行われました。

地区長官はスピーチの中で、バガヴァンの御名がこの後進的な丘陵地区において、どれほど驚くべき効果があるのかを述べました。常に立ちふさがる一つの大きな問題は、水不足です。山岳地域のため、井戸を掘っても水が出ることはありませんでした(政府によって行われました)。その後、サイ・ワーカーたちが神の御名を口ずさみながらやって来たとき、村人たちは時間を無駄にしていると言って彼らをばかにしました。しかし、奇蹟が起こりました!! 20フィート(約6メートル)も掘らないうちに、甘く透きとおった飲み水が湧き出たのです!!ある罪を犯した村人は、終身刑を言い渡されていました。サイ・ワーカーたちが彼の村に行って仕事を始めたとき、この罪人の家族が牢獄に閉じこめられている彼に、サイ・ワーカーたちがこの村でおこなっている日々のバジャンについて話しました。これを聞いて、彼も日々欠かさず、「オーム シュリ サイ ラム」と牢獄で唱えはじめました。結果は、三年もしないうちに、政府が判決を翻し彼を釈放したのです!!泥壁の小屋に住むある人は、バガヴァンのためにマンディールを建て、すべての貧しい人々に来るように誘いました。今日、彼は聴衆の中で地区長官のスピーチを聴いています。今年もまた干ばつが続くだろうと発表されたとき、この地区の農夫たちはどうしたらよいかわかりませんでした。それは、彼らがパルティに来る準備を整えていた時でした。彼らは地区全体で、41日間のアカンダ・バジャン〔24時間バジャンを歌い続ける〕を行いました。そして、初日にオームカーラムを始めてから以後、毎日雨が降りました。これはバガヴァンの御名が地区全体に浸透し、奇跡を起こした証拠です。現在の計画は、バガヴァンの80歳の誕生日までに、バガヴァンの御名がスリカークラム地区すべての村々に響き渡るようにすることです。御名は明瞭です!その効果は、経験した者だけが伝えることができます。

午後、バガヴァンは午後3時5分に来られ、一周されました。スワミはベランダ上方までステージの近くに上られ、それからクルマを反転させ、バンガロールとダルワードから来た帰依者をインタビューに呼び、インタビュールームに向かわれました。スワミは午後4時20分に出られ、プールナチャンドラに戻られました。バジャンはいつものように午後5時から午後5時20分まで行われましたが、スワミはバジャンには出られませんでした。

Jai Sai Ram

source:http://sainews.blogspot.com/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thought for the day -26th August 2004

利己主義はいばらの森です。人のこころに種が植えられ、成長したときには罪の芽を刈り取らねばなりません。利己主義は最愛の友人でさえ敵に回します。それは有能な人の共同作業を許さず、多くのよい原因や計画を駄目にします。苦難は影のようにつきまといます。喜び、安らぎ、勇気、協調そして愛は、エゴのないところで花開きます。人を突き動かす神性意識が一切に等しく浸透していることに気づくとき、愛はエゴを後に追いやり、人の行為、言葉、思考の主導者となります。

ババ

プラシャンティ・ニラヤムの掲示板より
2004年8月26日

Continue reading "Thought for the day -26th August 2004"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, August 26, 2004

Thought for the day -25th August 2004

奉仕は神への9つの道でもっとも困難なものです。奉仕とは基本的に、神の恩寵を得ようと思い焦がれる気持ちから生まれる行為です。奉仕はエゴを消滅させるもっとも大切な道です。奉仕を通じてのみ、人は感覚器官、激情、偏愛を支配でき、神性へと到達します。愛はそれ自体が奉仕です。神は愛です。

ババ

プラシャンティ・ニラヤムの掲示板より
2004年8月25日

Continue reading "Thought for the day -25th August 2004"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

News for August 22, 2004

今朝、バガヴァンは午前7時35分にダルシャンに来られました。ブリンダーヴァンの少年たちが、プログラムを行うために来ていました。そこで、スワミはヴェーダ吟唱の少年たちに吟唱を止めるように言い、彼らは1時間ほどシルディ・サイの劇を演じました。この後、アナンタプールの学生たちによるプログラムが続きました。彼らがラーマ・カター(ラーマの物語)を歌った後、ブラス・バンドの演奏が続きました。スワミは午前9時30分にアルティを受け、午前10時にお住まいに戻られました。

午後、バガヴァンは午後2時50分に来られました。スワミは会場を一周されました。スワミは、アンドラのスリカークラム地区からやってきた6000人もの帰依者のグループによって行われるプログラムに同意されました。彼らは美しいRathams(?)で会合を開き、さまざまな文化展示会やその他いろいろなことを行いました。およそ45分間の会合の最後に、有名な音楽ディレクターのヴァス氏とその仲間が美しい歌のプログラムを行いました。これが終了したのは午後5時10分でした。ここで、スワミはヴェーダ吟唱の少年たちに吟唱を開始するように言いました。数分後、スワミはブリンダーヴァンの少年たちに、以前の音楽プログラムのような歌を歌うように言いました。30分後、バガヴァンはアルティを受け、およそ午後5時50分にお住まいに戻られました。

Jai Sai Ram

source:http://sainews.blogspot.com/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, August 25, 2004

Thought for the day -24th August 2004

礼拝で花を捧げるように、神の御足にすべての行為を捧げる実践をしなさい。すべての呼吸を神に捧げなさい。苦難にうろたえてはなりません。それを神の行為と受け止めるのです。神の意志なくして、何事も起こりえないことを理解しなさい。すべての出来事は、それに付随する深く重要な意味をもちます。あなたが神が究極なる要因すなわちすべての源だと知るとき、あなたはすべての人と謙虚に尊敬の念をもって接するでしょう。これがもっとも易しい神への道です。

ババ

プラシャンティ・ニラヤムの掲示板より
2004年8月24日

Continue reading "Thought for the day -24th August 2004"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, August 24, 2004

サイ・グローバル・ハーモニーの日本語プログラム

Om Sai Ram

本日(24日)午前8時15分より、サイ・グローバル・ハーモニーにて1995年11月18日(午後)に行われたスワミの御講話が日本語通訳付きでお聞き頂けます。

ぜひお楽しみください。

http://stream.radiosai.net:8000/listen.pls

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, August 23, 2004

Thought for the day - 23rd August 2004

あなたの感情を清浄にしなさい。無知なる力と感覚の誘惑に立ち向かう強さを身につけなさい。そうすれば、平安と喜びが約束されます。あなたは運動によって肉体の健康を維持します。それと同じように、精神の健康は霊性修行すなわちサーダナによって維持せねばなりません。たとえば、清浄な食物によって精神は清く鋭くなります。そうして、障害や誘惑を切り開き、まやかしの覆いを取り除くことができます。またつねに、よい環境、よい仲間と過ごすことも心掛けねばなりません。

ババ

プラシャンティ・ニラヤムの掲示板より
2004年8月23日

Continue reading "Thought for the day - 23rd August 2004"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, August 22, 2004

Partishvara Satya Saishvara

パルティーシュワラ サッティア サイシュワラ(MP3, ram)

パルティーシュワラ サッティア サイシュワラ
ダヤー カロー サイ ナーラーヤナ
シュリ サイ ナーラーヤナ(サイ)
バヴァ サーガローダラ ブヴァナヴァナ
ダヤー カロー サイ ナーラーヤナ(2)
シュリ サイ ナーラーヤナ(サイ)

パルティの神、サティア・サイ・ナーラーヤナよ
我々に慈悲を恵み給う
宇宙の神、主サイよ
人生の大海を支え、神に帰依するすべてのものを守護し給え

Continue reading "Partishvara Satya Saishvara"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

News for August 21, 2004

今朝、アンドラ・プラデーシュ州のスリカークラム地区からの帰依者の大会合がありました。およそ6000人の帰依者が、バガヴァンのダルシャンを受けるために、またいくつかのプログラムを行うためにやって来ました。スワミは午前7時30分に来られました。スワミは女性、男性側両方を一周されてから車を降り、堂々とした様子でステージに来られました。スワミはスーリヤ・ウパニシャッドの吟唱をすべて聴かれ、それからヴェーダ吟唱の少年たちにスワミが中に入った後は吟唱をやめるように言いました。その後、スワミはゆっくりとインタビュールームに向かわれ、インタビューに何人かを呼んだ後、午前7時55分に中に入られました。

午後のダルシャンには、バガヴァンは午後2時45分に来られました。スワミは女性側を通過して男性側に行こうとする前に、玄関の方に向きを変えました。それからスワミは、MBA演劇の役者たちが衣装を身につけて待っているバジャン・ホールの中に直接入られました。彼らは機関の「MBA設立記念日」のお祝いとして劇を行う予定でした。スワミはMBAの教師全員も呼ばれ、中で1時間、彼らに話しをしました。スワミは午後4時に出られ、劇が始まりました。それが終わって、午後5時5分にスワミと写真を撮られました。その後、学部部長のラオ教授によるスピーチがありました。それから、研究者のディーパック・アナンド氏、もう一人の別の学生とスディール・バスカール氏のスピーチがありました。最後に、バガヴァンの御講話がありました。スワミはすべての愛し子を褒め称えました。スワミは午後5時30分に講話を始められ、午後6時15分まで続けられました。その後、スワミは椅子に腰掛け、サイ・バジャナ・ビナ・スッカ・シャンティ・ナヒーを歌われました。プラサーダムが配られ、アルティが行われた後、スワミは帰られました。こうして、すばらしい一日が終わりました。

Jai Sai Ram

source:http://sainews.blogspot.com/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thought for the day -22nd August 2004

光り輝くダイヤモンドは、たとえゴミの山に埋もれていても、その輝きと価値を失うことはないでしょう。それと同じように、善良な人の栄光と偉大さは、彼らがどのような状況に置かれたとしても、減少することはありません。このような神性なる光輝は、すべての人間のうちに光り輝いています。愛はこの光輝が表にあらわれたものです。この愛を顕現するためには、人はどのような苦難にも耐えねばなりません。人は愛の甘露で満たされたサトウキビのようです。人が苦難に直面するときにはじめて、神、すなわち愛の甘露が彼から流れ出るのです。

ババ

プラシャンティ・ニラヤムの掲示板より
2004年8月22日

Continue reading "Thought for the day -22nd August 2004"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Saturday, August 21, 2004

Manasa Bhaja Rey Guru Charanam

マーナサ バジャレー グル チャラナム
歌:バガヴァン シュリ サティア サイババ

ダウンロード:
http://www.sathyasai.org/audio/audioprashanthi/manasa1.MP3
http://www.sssct.org/audio/01MBGC.MP3

lotus-feet.jpg
courtesy:http://www.vahini.org/
マーナサ バジャレー グル チャラナム
ドゥスタラ バヴァ サーガラ タラナム
グル マハラージ グル ジェイ ジェイ
サイ ナータ サッドゥ グル ジェイ ジェイ
オーム ナマ シヴァーヤ オーム ナマ シヴァーヤ
オーム ナマ シヴァーヤ シヴァーヤ ナマ オーム
アルナーチャラ シヴァ アルナーチャラ シヴァ
アルナーチャラ シヴァ アルナ シヴァ オム
オームカーラム バヴァ オームカーラム バヴァ
オームカーラム バヴァ オーム ナモー ババ

ああ 心よ、
主サイナータの蓮華の御足を崇めずして、現世の大海を渡るのは不可能である
偉大なるグル、主サイナータに栄光あれ
「オーム ナマー シヴァーヤ」と唱えなさい
アルナーチャラ(南インドにあるシヴァ神ゆかりの神聖な山)に住まわれるシヴァの御名を唱えなさい
オームの姿であられるババの御名を唱えなさい

Continue reading "Manasa Bhaja Rey Guru Charanam"

| | Comments (58) | TrackBack (0)

News for August 20, 2004

今朝、バガヴァンは午前7時20分に来られました。スワミは女性側から来て、男性側へと進まれました。それからスワミはヴェーダ吟唱の少年たちの前に来て、女性側からインタビュールームに向かわれました。スワミはさらにベランダに降りて数分間椅子に座り、車を戻らせるように言いました。そうしてスワミはプールナチャンドラに戻られました。突然、一人の女性が立ち上がり、何かスワミに話しかけました。おそらく今日帰る人たちだろうと思われます。神のこころが動かされました。スワミは彼女と他の四人の女性に、インタビュールームの中にはいるよう言いました。スワミは車を再び方向転換させて、インタビュールームの近くで降りて中へ入られました。午前7時45分に、ダルシャンは終了しました。

午後、スワミは午後3時20分に来られました。スワミは朝と同じ経路をとり、ベランダ上方に来て車から降り、ゆっくりと進まれました。スワミは何か問題はあるかと校長と他の何人かに尋ねられました。それから、スワミはガネーシャの前を横切り、インタビューに誰かを呼ばれました。 スワミは午後4時40分まで中にいらっしゃり、それからバジャン・ホールに出られました。午後5時にバジャンが開始され、午後5時30分にスワミはアルティを受けられました。

Jai Sai Ram

source:http://sainews.blogspot.com/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005年行事予定

Om Sai Ram

2005年の行事予定カレンダーが発表されました。

http://sathyasai.org/calendar/2005fest.html

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ダルシャンと建築現場の近況報告

ダルシャンとサイババの新居の建築の様子の近況報告です。

photo/cons-3

http://shivomindia.tripod.com/brinda/sisters-news.htm(機械翻訳 Powered by Amikai)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Video Clippings

Sri Sathya Sai Books and Publications Trustのウェブサイトでビデオ・クリップが公開されました。
http://www.sssbpt.org/Pages/Downloads/VideoClippings.htm
・Avatar has come
・He is the Cosmic Parent
・Knock the door shall open
・Lingodhbhavam
・My Life is My Message
・Prema Muditha
・Materialising Shiva Linga
・Vibhuti Abhishekam
・Vibhuti Prasadam
・Why I Incarnate

| | Comments (1) | TrackBack (3)

Thought for the day -21st August 2004

久遠の平安と喜びを望むのであれば、人は感覚的な対象を追い求めることをやめねばなりません。物質的な豊かさは、喜びに限らず悩み悲しみをももたらします。富を蓄え、欲望を増大させることは、喜びと悲しみの狭間を行き来するだけでしかありません。執着は喜びと悲しみの原因です。無執着こそ救いです。あなたの家族、家、財産はすべて神の所有物であり、あなたはその管理人でしかないと思いなさい。

ババ

プラシャンティ・ニラヤムの掲示板より
2004年8月21日

Continue reading "Thought for the day -21st August 2004"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thought for the day -20th August 2004

夢は現実ではありません。それらは幻想です。しかし、夢を見ている間、その中での経験は現実で本物のようです。このような夢の中ではしばしば、私たちはとても恐ろしかったり、痛みや興奮したりする経験をしますが、目が覚めるとその夢は消えてなくなってしまいます。このように、夢はやがて覚醒へと至ります。それと同じように、この目覚めている夢の中―すべての経験が現実で本物のようにみえる幻想の世界では、ヴェーダの御教えは人をより高次の覚醒へと導きます。

ババ

プラシャンティ・ニラヤムの掲示板より
2004年8月20日

Continue reading "Thought for the day -20th August 2004"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

News for August 19, 2004

今朝、バガヴァンは午前7時30分頃にダルシャンに来られました。下院議員長のウマーバラティ氏が来て、彼女は女性側に座っていました。スワミは一周してステージに来られました。スワミはヴェーダ吟唱の少年たちに吟唱を止めるよう手で合図しました。それから突然、スワミは再開するように言い、その後スワミはインタビュールームに行かれました。

午後、スワミは午後3時20分に来られました。スワミはシンガポールから来ていたグループをインタビューに呼ばれました。彼らは、我々の学生がたくさん雇われているプネ(インド)から来たソフトウェア会社の経営者の後に続いてきました。スワミはインタビューに彼ら全員を呼び、午後5時20分にアルティを受けるためにバジャンに出られました。

Jai Sai Ram

source:http://sainews.blogspot.com/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, August 20, 2004

Panduranga Vitthale Hari Narayana

パンドゥランガ ヴィッタレ ハリ ナーラーヤナ(MP3, ram, rm)

パンドゥランガ ヴィッタレ 
   ハリ ナーラーヤナ ハリ ナーラーヤナ ゴーヴィンダ(3)
バジョー ナーラーヤナ ゴーヴィンダ

ナーラーヤナ、ヴィッタレ、ハリ、ゴーヴィンダの御名を唱えよ

Continue reading "Panduranga Vitthale Hari Narayana"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, August 19, 2004

Thought for the day -19th August 2004

困難にあるとき、決定する前に神に助言を求めなさい。人間は知性の及ぶ範囲内でしか助言を与えることができませんが、知性を照らす神は困難を脱する方法をあなたに示すことでしょう。忍耐と祈りをもって待ちなさい。祈りは不可能を可能にします。神の栄光を歌い、神の御名を繰り返し唱えなさい。そうすれば、成功がもたらされるでしょう。

ババ

プラシャンティ・ニラヤムの掲示板より
2004年8月19日

Continue reading "Thought for the day -19th August 2004"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Madhura Madhura Murali Ghana Shyama

マドゥラ マドゥラ ムラリー ガナ シャーマ
歌:バガヴァン シュリ サティア サイババ

ダウンロード:
http://www.sathyasai.org/audio/audioprashanthi/madhura1.MP3
http://www.sssct.org/audio/12mmmgs.MP3


courtesy:http://www.vahini.org/

マドゥラ マドゥラ ムラリー ガナ シャーマ
マトゥラー ディ パティエー ラーデ シャーマ
シューラダーサ プラブ ヘイ ギリダーリ
ミーラー ケ プラブ フルダヤ ヴィハーリ

魅力的で神なるフルートを吹くお方、主ガナシャーマの御名を唱えよ
ああ マトゥラの主よ!
あなたはミーラーとスラダーサ(帰依者)の主である

Continue reading "Madhura Madhura Murali Ghana Shyama"

| | Comments (1) | TrackBack (0)

News for August 18, 2004

今朝、バガヴァンは午前7時30分にダルシャンに来られました。昨日のスワミの指示に従い、ヴェーダ吟唱の少年たちは新しいヴェーダを吟唱しました。はじめてのヴェーダの吟唱だったので、彼らはあまり自信がありませんでした。スワミは一周され、ヴェーダ吟唱の少年たちの前に来たとき、スワミは唱えたまねをしていた誰かのまねをしました。その瞬間、誰もがいま唱えている場所を忘れてしまいました!この出来事の後、わたしは何もしなかったというそぶりで、いたずら好きの神さまは手書きを読み始めました。それから、スワミはステージに来て、10分ほどヴェーダを立って聴かれました。その後、スワミは少年たちに吟唱を止め、大学に行くように言いました。スワミは手を挙げて祝福をし、少年たちがナマスカール(挨拶)をし終わるまで待たれました。少年たちが去った後、スワミはゆっくりとインタビュールームに移動されました。

午後、スワミは午後3時30分に来られました。スワミは一周された後、ステージに来られました。その後、スワミはいくらかヴェーダの吟唱を聴いていました。この後、機関の少年による2つのスピーチがありました。後に、スワミは前触れなく、長官に話しをするように言って長官を驚かせました。それからバジャンが行われ、午後5時10分にスワミはアルティを受けられました。

Jai Sai Ram

source:http://sainews.blogspot.com/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

News for August 17, 2004

今朝、バガヴァンは午前7時25分に来られました。スワミは立ってヴェーダの吟唱を聴かれ、いつも唱えているものでなく、新しいマントラを唱えるべきだという指示を与えました。約10分後に、スワミはインタビュールームの中に入られました。

午後、スワミは午後3時20分に来られ、一周してから高座に来られました。それからスワミは、演説者は誰かと聞かれました。演説者は3人いました。最初はサンスクリット語で、後の2人の少年は英語で話しました。この後、スワミはアニールクマール氏に話をするように言いました。午後5時15分にアルティが行われ、スワミはプールナチャンドラに戻られました。

Jai Sai Ram

source:http://sainews.blogspot.com/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

News for August 16, 2004

今朝、バガヴァンは午前7時30分にダルシャンに来られました。スワミはゴルフカートで男性側に行き、ヴェーダ吟唱の少年たちの前を通過して、女性側からベランダにあらわれました。スワミは車を降り、5分ほどヴェーダを聴かれました。その後、スワミはゆっくりとインタビュールームに行かれました。

午後、スワミは午後3時10分に来られました。先日とは別に、スワミは女性側から来て、ベランダに入る直前、ヴェーダ吟唱の少年たちの方へ向きを変更し、誕生日の少年を祝福されました。それから、スワミは車から降りて、男性側からステージに来られました。スワミは少年の補助なしで、しかもうれしいことにとても早く歩かれました。その後、スワミはインタビュールームに行かれました。午後4時40分に、スワミは出られ、祈祷ホールの中でバジャンが開始されました。バジャンは午後5時10分まで続きました。

Jai Sai Ram

source:http://sainews.blogspot.com/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

News for August 15, 2004

今朝、バガヴァンは午前7時10分に来られました。スワミは一周され、ヴェーダ吟唱の少年たちの前に来て、それからさらに進まれました。この時に、国旗掲揚式典(独立記念日のため)の後、小学生の子供たちがちょうど到着しました。そうしてスワミは女性側をさらに進み、女性側をもう一周されてホール中央に来られました。そこから、スワミは直接ステージ行くように運転手に指示しました。車が来て、ヴェーダ吟唱の少年たちが座っている場所で止まりました。スワミは車から降り、階段を歩いて上り、数分間ヴェーダの吟唱に耳を傾けた後、歩いてインタビュールームに向かわれました。スワミはインタビューにカンダスワミ氏と何人かの少年を呼ばれました。スワミは午前8時50分に出られてマンディールの中に行き、すぐにバジャンが開始されました。午前9時10分に、アルティが行われ、スワミは午前9時30分にプールナチャンドラに戻られました。

独立記念プログラムの一環として、午後、年長の少年たちは手の凝んだ劇を神の御前で行う予定です。彼らはこれについて、スワミに早くから知らされていました。そしてスワミは、午後にリハーサルを見たいと彼らに言いました。そういうわけでバガヴァンは午後12時30分にクルワント・ホールにいらっしゃいましたが、少年たちはスワミがそれほど早く来るとは思っていませんでした。そこでスワミは、マンディールの背後に回り、さらにプラシャンティ・ニラヤムの裏にあるバイパス道を通り、車をガナパティ寺院に向かわせました。午後1時に、スワミはW-6ビルの前に戻り、ようやくプールナチャンドラに戻られました。スワミは午後3時にダルシャンに来られました。スワミは男性側も含めて一周され、ヴェーダ吟唱の少年たちの前を通過した後、インタビュールームの近くに行き、衣装を身につけて少年たちが待っている祈祷ホールの中に入られました。スワミは約10分間彼らといました。スワミは午後3時20分に出られ、劇が始まりました。劇は年長者がスワラジに対してなされた数々の犠牲の精神を描き、聴衆に多くの愛国心を喚起させました。それは大変すばらしく、約1時間行われました。スワミは別々の参加者に3つの指輪を物質化され、大小のグループで一緒に写真を撮られました。スワミはご自身で彼らにプラサーダムを与え、午後4時45分にアルティを受け、プールナチャンドラに戻られました。こうして思い出深い一日が終わりました。

Jai Sai Ram

source:http://sainews.blogspot.com/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

スワミの近況写真

Om Sai Ram
スワミの最新の写真を掲載致します。

photo/sai1
photo/sai21

http://sai.way-nifty.com/photos/recent/もご覧ください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thought for the day -18th August 2004

人の内なる反映反響が昇華されるとき、感覚、心、知性を通じて人が経験するすべてのことは、神の輝きを呈し、神の本質を顕わにします。人のハートが愛で満たされるとき、世俗にあっても人はそれに影響されることはありません。すべての行為は、神の意志を通じ、全知全能の神のために、神の恩恵のためになされるのです。

ババ

プラシャンティ・ニラヤムの掲示板より
2004年8月18日

Continue reading "Thought for the day -18th August 2004"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, August 18, 2004

Thought for the day -17th August 2004

誰もあなたを自由にさせることはできません。なぜなら、誰もあなたを束縛してはいないからです。あなたは刺激の多い世俗的な悦びにしがみつき、悲哀にくれます。トビはくちばしに魚をくわえている間は、カラスに追い回されます。魚を横取りしようとしているカラスを振りはうため、トビは大空を右往左往に飛び回ります。やがて疲れ果て、魚を落としてしまいます。自由になるのは、その瞬間です。だから、感覚への執着を手放しなさい。そうすれば、嘆きの種や心配事は、もうあなたを追い回すことはなくなります。

ババ

プラシャンティ・ニラヤムの掲示板より
2004年8月17日

Continue reading "Thought for the day -17th August 2004"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, August 17, 2004

ババの新住居の建設写真

プラシャンティ・ニラヤムにおけるスワミの新しいご住居の建設が進行中です。これはプールナチャンドラホールの前の庭で建設中の様子を撮影した二枚の写真です。


http://www.eaisai.com/baba/images/constrn01.jpg

http://www.eaisai.com/baba/images/constrn02.jpg

source:http://www.saibabalinks.org/news/others/2004/newresidence.htm

| | Comments (0) | TrackBack (0)

News for August 13, 2004

今朝、バガヴァンは午前6時45分にダルシャンに来られました。スワミはゴルフカートで(男性側も含めて)一周され、ヴェーダ吟唱の少年達の前に来て、掌を広げて(Abhaya Hastam)彼らを祝福されました。それから、スワミはイギリスから来た女性グループを呼ばれました。このグループは、今日ここを発つ30人の帰依者で構成されていました。午前7時にスワミは中へ入られ、午前8時には外に出られました。その後、スワミはプールナチャンドラに戻られました。近頃、スワミは朝のバジャンには規則的に出られません。

午後、スワミは午後3時45分に来られました。スワミは女性側からインタビュールームに向かいましたが突然コースを変更し、ヴェーダ吟唱の少年たちの前に来られました。MBAの学生が昨日公表した劇を行おうとしていました。スワミは昨日来られなかったので、彼らはそれを行うことができませんでした。今日、彼らは衣装を身につけ、劇の用意を整えて座っていました。スワミが通過するとき、ヴェーダ吟唱の少年たちの一人に何故かれらは衣装を身につけて座っているのかと聞きました。バガヴァンは、彼らは劇を行うつもりであることを知らされました。スワミは、だれもそれについて知らせなかったとお答えしました。それから、バガヴァンはステージに来て、椅子に座り、劇を始めるように言いました。タイトルは「Mana Eva Manushyanam Karanam Bandha Mokshayoho」(心は束縛と解脱の要因)です。
この後に、バジャンが続きました。後ほど、スワミは集合写真で少年たちを祝福されました。
午後5時10分に、スワミはアルティを受けて帰られました。

Jai Sai Ram

source:http://sainews.blogspot.com/

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Monday, August 16, 2004

Thought for the day -16th August 2004

目の覚めている間に知覚する世界が本物で、究極の目的がこの世界での幸福を手に入れることだと信じて、人は幸福のための道具や象徴を蓄積していきます。つまり、人はその幸福を増すであろう自分の嗜好や趣味、習慣、理念、制度や原則を後にして形作ります。しかし、人生の目的とはかようなものでしょうか―この目に見える物質世界で波打つ喜びと悲しみの狭間で苦しみ、尽きない欲望、食べ物、家、快楽と悦びをむさぼり続け、そして最後には、死地でもがき苦しむのでしょうか?人間もがこのような人生を送るならば、まさに動物となんら変わりはありません。

ババ

プラシャンティ・ニラヤムの掲示板より
2004年8月16日

Continue reading "Thought for the day -16th August 2004"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, August 15, 2004

Thought for the day -15th August 2004

あなたがどこにいようと、どの国の人であろうと、宗教の違いを問題にしてはなりません。信仰としきたりを守り、あなたの宗教を信じなさい。宗教間の違いが消滅すれば、あなたの内に愛が育まれます。愛が育まれれば、神をありありと視ることができます。愛のない、言葉だけの祈りは何の値打ちもありません。すべてに存在する「愛」は同じであることに気づきなさい。一切を結びつけているのは、共通した神の愛の絆なのです。

ババ

プラシャンティ・ニラヤムの掲示板より
2004年8月15日

Continue reading "Thought for the day -15th August 2004"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Saturday, August 14, 2004

サイ・グローバル・ハーモニーの日本語プログラム

Om Sai Ram

サイ・グローバル・ハーモニーにて、本日(14日)午後7時10分、ならびに明日(15日)午前9時から1時間、日本語特別プログラムが放送されます。

ぜひお聞きください。

http://stream.radiosai.net:8000/listen.pls

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thought for the day -14th August 2004

神の恩寵は、理性の鍛錬、難解なヨガのポーズ、あるいは厳格な禁欲主義によっては勝ち得ません。見返りのない愛。揺るぎのない愛。取引のない愛。すべての愛しきものに喜びをもって捧げられる愛。このような愛だけが神の恩寵を勝ち得ます。どれほど困難で多くの障害があろうとも、愛だけがそれに打ち勝つことができるのです。

ババ

プラシャンティ・ニラヤムの掲示板より
2004年8月14日

Continue reading "Thought for the day -14th August 2004"

| | Comments (7) | TrackBack (0)

Friday, August 13, 2004

News for August 12, 2004

今日、スワミは午前、午後ともダルシャンには来られませんでした。これ以上詳しいことは誰もわかりません。

Jai Sai Ram

source:http://sainews.blogspot.com/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

News for August 11, 2004

今朝、バガヴァンは午前7時10分にダルシャンに来られました。スワミは女性側から車で来られ、男性側に行って一周されました。それから、スワミはヴェーダ吟唱の少年たちの前に行き女性側へ向かった後、玄関の方に向きを変えました。スワミはステージの近くで車を止め、何人かの外国人をインタビューに呼ばれて、そのままインタビュールームに入られました。午前7時30分までに、ダルシャンは終えられました。

午後、スワミは午後3時30分に来られました。スワミは朝と同じように一周され、ステージの近くで降りられました。スワミは音楽の少年に前に座るよう言いました。四人の少年によるヴァイオリンのリサイタルがあり、その後、音楽大学の少年によるカルナティック〔地名〕のヴォーカルが続きました。午後5時10分にスワミは立ち上がり、アルティがバガヴァンに捧げられました。

Jai Sai Ram

source:http://sainews.blogspot.com/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

News for August 10, 2004

今朝、バガヴァンは午前7時10分にダルシャンに来られました。いつものように、スワミは一周されました。スワミは男性側からヴェーダ吟唱の少年たちの前を通り、最後に女性側からステージに来られました。スワミは車の中に座り、5分間ヴェーダの吟唱を聴かれ、それから運転手にインタビュールームに行くように指示しました。インタビューにはスワミはあるグループを呼ばれていました。午前7時30分までに、ダルシャンは終えられました。

午後、スワミは午後3時20分に来られました。スワミは朝と同じ経路を通って一周された後、ステージに来てヴェーダの吟唱をお聴きになりました。スワミはステージにいた外国人の一人にヴィブーティを物質化されました。それから、スワミはヴェーダ吟唱の少年の一人を呼ばれ、少年が唱える方法についていくつかの改善策を指導しました。およそ午後4時30分に、スワミは立ち上がってインタビュールームに行かれ、朝と同じグループを呼ばれました。午後5時に、バジャンが始まりました。午後5時30分に、スワミはアルティを受けて、インタビュールームの中に入られました。スワミはおよそ15分後に出られ、プールナチャンドラに戻られました。

Jai Sai Ram

source:http://sainews.blogspot.com/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

News for August 9, 2004

今朝、バガヴァンは午前7時40分に来られました。スワミは一周されてから、ヴェーダ吟唱の少年たちの前に来られました。スワミは女性側からステージに来て、車から降りて立ったままヴェーダの吟唱を聞かれました。それから、スワミは軍の役人をインタビューに呼ばれました。午前8時までに、ヴェーダの吟唱が終わりました。

午後、スワミは午後3時30分に来られました。一周された後、スワミはインタビュールームの近くで降り、今朝呼ばれた同じ軍人を再び呼ばれました。およそ15分後ぐらいに、スワミはステージに来られ、プログラムは何かと尋ねられました。それから、スワミはプログラムを開始するよう言いました。およそ午後4時に、ロンドンの青年部が、3人の人生と彼らがどのように自身を変革するかを描いた美しい劇を演じました。劇はおよそ40分間続き、その後に素晴らしいバジャン・メドレーが続きました。彼らは以前バガヴァンによって歌われた歌を選び、それは非常にうまくいきました。午後5時15分に、歌を止めてアルティを行いました。

Jai Sai Ram

source:http://sainews.blogspot.com/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thought for the day -13th August 2004

人は、ひとときが永遠であるという幻想に縛られています。長い間の認識が、人をそのように思い込ませました。ですから、人は正しい見方へ導くよう再教育されねばなりません。永遠に変わらない絶対的実在は、この「わたし」です。他のすべては、真実であるかのように見えますが、真実ではありません。あなたの内の「わたし」は、パラマートマ(神)自身です。波は深海の表面で風とひととき戯れます。これからあなたは波と深海とは別々のものであるという印象を受けます。しかし、それはただの見かけ―名前と形が二つ生じただけです。二つの観念を排除すれば、波は海へ溶け込みます。そうすれば、あなたは真理に目覚め、神は愛として、人の内に存在することを理解します。

ババ

プラシャンティ・ニラヤムの掲示板より
2004年8月13日

Continue reading "Thought for the day -13th August 2004"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, August 12, 2004

Thought for the day -12th August 2004

知性は人間の特権であり、一切の努力は知性を拡げ、研ぎすますことに向けられなければなりません。知性に加えて、人格も同じように育まれなければなりません。そうしてはじめて、知性は社会に役立てられます。他の人の重荷を和らげるために、自らの楽しみをすすんで放棄することは最高の美徳です。もっとも価値ある物は何かと聞かれたら、誰もが金やダイヤモンドだと言うでしょう。しかし、ダイヤモンドをカットしてその輝きを出すのはだれでしょう?地中深くにある金の鉱脈を見つけ出すのはだれでしょう?もっとも本当に価値あるものは人間であり、その長所は、自らの思考、言葉、行為を清める力にあります。

ババ

プラシャンティ・ニラヤムの掲示板より
2004年8月12日

Continue reading "Thought for the day -12th August 2004"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thought for the day -11th August 2004

アヴァター(神の化身)が降臨したのは、人間の霊的進化の道を明らかにするためです。人間が陥るアシャンティ(不安)は取り除かれなければなりません。それが「パリトゥラーナーヤ サドゥーナム」すなわちバガヴァット・ギーターに宣言されているように美徳を守ること、つまりはとるに足らない世俗の物事について無知であることによるアシャンティの影響や苦悩から、善良な個人を救うことを意味します。。すべての個人は、シャンティ(平安)とサントシャ(幸福)を得なければなりません。それが神が幾たびも地上に降臨する理由です。神は人間の姿をとるため、あなたは神に謁見し、神と話し、自ら考えて評価し、教えを聞いてそれに従い、経験を通じて恩恵を受けるのです。

ババ

プラシャンティ・ニラヤムの掲示板より
2004年8月11日

Continue reading "Thought for the day -11th August 2004"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, August 11, 2004

Om Namo Bhagavate

オーム ナモー バガヴァテ(MP3, ram)

オーム ナモー バガヴァテ ヴァースデーヴァーヤ(3)
オーム ナマー シヴァーヤ オーム ナモー ナラーヤーナ(2)
オーム ナモー バガヴァテ ヴァースデーヴァーヤ (ハリ)

ヴァスデーヴァの子であるクリシュナ
シヴァ、ナーラーヤナに帰依いたします

Continue reading "Om Namo Bhagavate"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thought for the day -10th August 2004

あなたの内にシャンティ(平安)があれば、この世界は静寂で平安そのものでしょう。あなたの内がアシャンティ(動揺)であれば、この世界はアシャンティに満ちたものになるでしょう。シャンティは、書物を学ぶことでなく、サーダナ(霊性修行)によって身につきます。ある裁判官は多くの文献を読んだ結果、ある判決を下しますが、別の裁判官は同じ文献を読み、同じ事例であっても反対の判決を下します。書物は、旅の一部の手引きになるだけです。その後は、あなた自身でその道を探さねばなりません。

ババ

プラシャンティ・ニラヤムの掲示板より
2004年8月10日

Continue reading "Thought for the day -10th August 2004"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, August 10, 2004

チリのセンターでヴィブーティが物質化

Om Sai Ram

チリでヴィブーティが物質化したという以前の投稿に加えて、新たに追加写真が公表されました。


追加写真は以下を参照してください。
http://groups.yahoo.com/group/saibabanews/message/3330

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ムンバイ訪問(1968年)

Om Sai Ram
サイババのムンバイ、ダルマクシェートラ訪問時(1968年)のスライドです。

Mumbai1968.JPG

http://www.saibabalinks.org/images/pps/Mumbai_visit.pps
(右クリックで、「リンク先を保存...」としてください)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, August 09, 2004

O Bhagavan O Bhagavan

オー バガヴァン オー バガヴァン(MP3, ram)

オー バガヴァン オー バガヴァン 
   アラジャ スノー メレ サイ バガヴァン
パルティプリ ケ トゥマ ホー ダータ
ブリンダヴァナ ケ トゥマ ホー ダータ
サバ バクト ケ マナ コー バータ
パール ウターロ ネイヤー モーリ
サイ ガナシャーマ サイ ガナシャーマ

プッタパルティのサイは、青い顔のクリシュナであり
ブリンダヴァンの主であり、帰依者すべてに愛されるお方
苦界の海を渡らせ給うよう私はあなたに祈ります

Continue reading "O Bhagavan O Bhagavan"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

News for August 8, 2004

今朝、バガヴァンは午前7時15分に来られました。スワミは一周され、女性側からステージに来られました。スワミはお座りになって、ヴェーダの吟唱をお聴きになりました。およそ30分後、スワミはゆっくりとインタビュールームに向かわれ、2、3人をインタビューに呼ばれました。インタビューの後もスワミは中にいらっしゃいました。午前9時にバジャンが始まり、スワミは表に出て、車に乗られてプールナチャンドラに戻られました。近頃の朝は、スワミはバジャンやアルティを待たれないように見受けられます。したがってバジャンはいつものように続けられ、午前9時30分にアルティが開始されました。

午後、スワミは午後3時30分に来られ、一周されました。スワミはステージに来て椅子に腰掛けられました。スワミはブリンダヴァン大学学長のSanjay Sahani氏に、演説をするように言いました。このスピーチの後に教育機関の学生によるテルグーの劇が続きました。それから、スワミは学生にバジャンを開始するよう言いました。午後5時20分に、スワミはアルティを受けられました。

Jai Sai Ram

source:http://sainews.blogspot.com/

| | Comments (1) | TrackBack (0)

News for August 7, 2004

今朝、バガヴァンは午前7時30分に来られて、一周されました。スワミは玄関の上方に来て、何人かの来客者と話しをしました。今日、スワミは車から降りずにインタビュールームに戻られました。

午後、スワミは午後2時45分に来て、ニュージャージーのグループを長いインタビューに呼ばれました。インタビューの終わりに、スワミは途中まで来て座りましたが、インタビュールームに戻ることに決められました。ヴェーダの吟唱は午後5時まで続き、それからマンディールの中でバジャンが始まり、スワミは午後5時25分頃にアルティを受けられました。

Jai Sai Ram

source:http://sainews.blogspot.com/

| | Comments (0) | TrackBack (2)

Thought for the day -9th August 2004

この世界を目的地への手立てとして活用しなさい。そこにとどまろうとしてはいけません。それは広大な橋であり、みなもとに帰融するためのものです。しかし、そこに自分の家を建てることのできる巡礼者などいるでしょうか?宇宙は絶え間なく変化し続けます。過ぎた時間は、たとえ十億ルピーを差し出しても取り戻すことはできません。過去はすでにわれわれのものではなく、現在はわれわれの手から滑り落ちていき、未来は不確かです。にもかかわらず、執着のかせは増え続けています。これは最大のまぼろしです。

ババ

プラシャンティ・ニラヤムの掲示板より
2004年8月9日

Continue reading "Thought for the day -9th August 2004"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Madhava Murahara Madhava

マーダヴァ ムラハラ マーダヴァ
歌:バガヴァン シュリ サティア サイババ

ダウンロード:
http://www.sathyasai.org/audio/audioprashanthi/madhava1.MP3
http://www.sssct.org/audio/02mmmm.MP3


courtesy:http://groups.msn.com/SriSathyaSaiBaba/

マーダヴァ ムラハラ マドゥラ マノーハラ
   ヘイ ギリダラ ゴーパーラ
ヘイ ギリダラ ゴーパーラ
マーダヴァ ムラハラ マドゥラ マノーハラ
   ギリダラ ゴーパーラ
ヘイ ギリダラ ゴーパーラ… ナンダ クマーラ スンダラカラ
ブリンダヴァナ サンチャーラ
ムラリー ローラ ムニジャナパーラ
ギリダラ ゴーパーラ
ヘイ ギリダラ ゴパーラ… カウストゥバ ハラ マウクティカーダラ
ラーダ フルダヤ ヴィハラ
バクトーダラ バーラ ゴパーラ
ギリダラ ゴパーラ
ヘイ ギリダラ ゴパーラ
ゴパリパーラ ゴーピ ローラ ゴーヴァルダナ ギリダラ
ナンダ クマーラ ナヴァニータ チョーラ ヴェヌ ガナ ヴィローラ ギリダラ ゴパーラ
ヘイ ギリダラ ゴパーラ

山を持ち上げし牛飼いの少年、クリシュナに栄光あれ
悪鬼ムラを殺したお方
甘く美しい御姿のラクシュミの主
ブリンダヴァンを逍遥し給う愛しい御姿のナンダの子
フルートを吹き、聖人を守られしお方
真珠とカウストュバの珠玉を身につけられ、ラーダーのハートを溶かすお方
帰依者を支え給う、牛飼いの幼子ゴーパール
ゴーピーを魅了する、山を持ち上げしナンダの子
フルートで至福を与え、バターを盗まれるゴーパール

Continue reading "Madhava Murahara Madhava"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, August 08, 2004

サイ・グローバル・ハーモニーの日本語プログラム

Om Sai Ram

本日8日午後2時、ならびに明日午前2時15分より、サイ・グローバル・ハーモニーにて日本語バジャンがお聴きになれます。
また、本日8日午後2時50分、ならびに明日午前3時より、1995年3月20日に行われた御講話が日本語通訳付きでお聞きになれます。

お時間のある方はお楽しみください。

http://stream.radiosai.net:8000/listen.pls

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thought for the day -8th August 2004

神は地下水のように一切に内在します。かれはアートマ(たましい)です。かれは他の人の内にいるのと同じく、あなたの内にいます。かれの光輝は、すべての人のこころの洞くつを明るく照らします。一切をひとしく照らす太陽のように、かれの恩寵は一切にひとしく降り注ぎます。障壁を築き、あなたのこころを神の恩寵という光線で暖められなくしているのはあなたです。あなたの無知無明で、神さまを非難しないようにしなさい。掘削機がある深部まで達すれば、地下水は勢いよくほとばしります。それと同じように、神の御名をつねに唱えるならば、神性の泉に到達し、無尽蔵の歓喜が湧き上がるでしょう。

ババ

プラシャンティ・ニラヤムの掲示板より
2004年8月8日

Continue reading "Thought for the day -8th August 2004"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サイ・ヤング・アダルト・ニュースレター

Om Sai Ram
サイ・ヤング・アダルト・ニュースレターの2004年夏号が発刊されました。
http://www.syan.org/(機械翻訳 Powered by Amikai)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Saturday, August 07, 2004

Nataraja Nataraja

ナタラージャ ナタラージャ(MP3, rm)

ナタラージャ ナタラージャ 
   ナルタナ スンダラ ナタラージャ
シヴァラージャ シヴァラージャ 
   シヴァカーミ プリヤ シヴァラージャ
チダムバレーシャ ナタラージャ
パルティプリーシャ ジヴァラージャ

踊りの王よ、美しき踊り手よ
パールヴァティーに愛されし者
チダムバラの踊りの神よ
プッタパルティの神
シヴァ神よ

Continue reading "Nataraja Nataraja"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

News for August 6, 2004

今朝、バガヴァンは午前7時10分頃にダルシャンに来られました。スワミは男性側に向かって進み、2、3人をインタビューに呼ばれました。スワミは10分間ヴェーダを立って聴かれ、彼らが唱えていた章が終わった後、ヴェーダ吟唱の少年たちに学校に行くように言いました。その後、スワミはゆっくりとインタビュールームに移動されました。

午後、スワミは午後3時30分頃に来られ、一周された後、女性側からステージに来てヴェーダの吟唱を座ってお聴きになりました。およそ15分後、スワミはブリンダヴァン大学の学長であるナラシンハムルティ氏に話しをするよう言いました。彼は午後4時50分まで話しをしました。この後、海外の帰依者の話しが続き、スワミは金の十字架のついたネックレスを物質化されました。午後5時10分に、スワミはアルティを受けられました。

Jai Sai Ram

source:http://sainews.blogspot.com/

| | Comments (2) | TrackBack (0)

News for August 5, 2004

今朝、バガヴァンは午前7時10分に来られました。スワミは一周され、ヴェーダ吟唱の少年たちの前を通ってステージに来られました。木曜日だったので、ここには小学生達もいました。スワミは彼らがPurusha Suktamを大声で唱えるのをみて、年長の少年に止めるように言い、その後、少年たちに続けるように言いました。およそ午前8時に、スワミは大学に行く時間なのでヴェーダ吟唱の少年たちに止めるように言いました。彼らは、スワミにナマスカール(挨拶)をしてから大学に行くために立ち上がりました。その後、スワミは中にいましたが、小学生たちがバジャンの時間までヴェーダを唱え始めました。

午後、スワミは午後3時30分に来られました。スワミはステージに来て、しばらくした後、ヴェーダ吟唱の少年たちに吟唱を止めるように言いました。その後、ラーマムルティ教授とアニールクマール教授のお話がありました。この後に、バジャンが続きました。午後5時に、スワミはアルティを受けて去られました。

Jai Sai Ram

source:http://sainews.blogspot.com/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

News for August 4, 2004

今朝、バガヴァンは午前7時10分にダルシャンに来られました。スワミは男性側も含めて一周された後、ヴェーダ吟唱の少年たちの前を通り、女性側からステージに来られました。スワミは車から降り、ジュムサイ博士と話して、彼の連れてきた人達を呼んでくるよう彼に言いました。誰もがスワミはインタビューに行かれると考えたとき、スワミはおよそ10分ほど椅子の近くに立ち、それからゆっくりと椅子に腰掛けられました。ある特定の時に、スワミはヴェーダ吟唱の少年たちに吟唱を止めるように言いました。彼らはナマスカール(挨拶)を行い、スワミは順々に彼らを祝福されました。およそ午前7時45分に、スワミはインタビューのためにグループを中に入れました。

午後、スワミは午後4時10分に来られました。スワミは女性側から直接来て、インタビュールームの近くで車を降り、そこからスワミは歩いてやって来られました。スワミは午後4時50分まで、ヴェーダを座ってお聴きになりました。その後、誰もが驚いたのですが、スワミはヴェーダ吟唱の少年たちにバジャンを始めるように言いました(通常のバジャン・シンガー達が全員いたにもかかわらず!)スワミは午後5時20分まで彼らのバジャンを座って聴かれ、その後、スワミはアルティの後に立ち上がって行かれました。

Jai Sai Ram

source:http://sainews.blogspot.com/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thought for the day -7th August 2004

あらゆる花の密を味わうミツバチのようでありなさい。血を吸い、病気を蔓延させる蚊のようであってはなりません。すべてをあなたの兄弟姉妹のように、神の子とみなしなさい。愛を育み、人類の繁栄をつねに追い求めなさい。愛しなさい、そうすればあなたは愛されるでしょう。愛を育み、すべてを愛と同一視すれば、憎しみが顔を出すことはありません。「わたし」を手に入れたいならば、憎しみ、ねたみ、怒り、皮肉、偽りを捨て、愛を育みなさい。わたしは、あなたが学者であったり、出家者であったり、ジャパ(神の御名を唱える)やディヤーナ(瞑想)の熟達者であったりすることは問題にしません。わたしが問うのはただひとつ、あなたのハートが愛で満たされているか、ということです。

ババ

プラシャンティ・ニラヤムの掲示板より
2004年8月7日

Continue reading "Thought for the day -7th August 2004"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, August 06, 2004

Thought for the day -6th August 2004

光を反射しない物体は、何を持ってしても照らすことはできません。しかし、炎はそれ自体が光を発し、周りのものすべてを明るく照らします。神はすべてを照らし出します。神は、神の栄光の顕れに過ぎない宇宙を超越します。神は、神の栄光によって獲得できる英知の眼を通してのみ見ることができます。神の恩寵を約束するサーダナ(霊性修行)に従事しなさい。それは、あなたに英知の眼を授けることでしょう。

ババ

プラシャンティ・ニラヤムの掲示板より
2004年8月6日

Continue reading "Thought for the day -6th August 2004"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, August 05, 2004

Jaya Vittala Panduranga

ジャヤ ヴィッタラ パンドゥランガ
歌:バガヴァン シュリ サティア サイババ

ダウンロード:
http://www.sathyasai.org/audio/audioprashanthi/jayapanduranga.MP3
http://www.sssct.org/audio/13JPPV.MP3

ジャヤ パンドゥランガ ブラボー ヴィッタラ
ジャガドーダラ ハラ ヴィッタラ
パンドゥランガ ヴィッタラ パンダリ ナータ ヴィッタラ
シュリ ラーマニ フルダヤーンタ ランガ
マンガラ カラーカ カルナーンタ ランガ
アーシュリタ ディーナ ジャナーヴァナ ランガ

全創造物の救世主、パンドゥランガ、ハリ、ヴィタラに栄光あれ
吉兆を授け、こころを魅了し、悩み苦しみをお支え給うお方
パンドゥランガ、パンダーリのヴィタラの御名を唱えよ

Continue reading "Jaya Vittala Panduranga"

| | Comments (6) | TrackBack (1)

Thought for the day -5th August 2004

道を行くと、泥やほこり、くぼみや土手、とげや砂、地面の湿ったところや乾燥したところに影が落ちるのを見ることができます。あなたは自分の影の運命に影響されることはないでしょう?汚れの上に影が落ちても気することはありませんね?影がどこに落ちようと、どこを通り過ぎようと、少しも心配しません。わたしたちは、影がどうであろうと、それは永遠でもなければ真理でもないことを知っています。同じように、「あなた」は絶対的存在の影でしかなく、本質は「あなた」ではなく絶対的存在そのものであることを悟らなければなりません。それが、すべての悲しみや苦痛を和らげる方法です。

ババ

プラシャンティ・ニラヤムの掲示板より
2004年8月5日

Continue reading "Thought for the day -5th August 2004"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

News for August 3, 2004

今朝、バガヴァンは午前7時30分頃にダルシャンに来られました。一周された後、スワミはヴェーダ吟唱の少年たちの前に来て、さらに進んで女性側から玄関に入られました。その後、スワミは車から降り、数分もしないうちに、ヴェーダ吟唱の少年たちに吟唱を止めるよう言いました。スワミは彼らに「授業が始まるのは何時からだ?」と聞かれました。それから、スワミは「君たち全員朝食は食べたのか?」と聞かれました。少年たちは食べていないことを示すため、首を縦に振りました。その後、スワミは少年たちに出るように言いました。スワミは、午後のプログラムについても聞かれました。

午後、バガヴァンはイギリスの青年部にスワミの前で歌う機会を与えられました。始めに、スワミはヴェーダの吟唱を聴かれました。それから、スワミは2人の少年を呼び、吟唱が正確かどうか確認するためにテストをしました。その後、午後3時40分にプログラムは開始され、午後4時35分まで続きました。その後スワミは彼らにバジャンを歌うよう言いました。午後5時10分にスワミは立ち上がり、アルティを受けてマンディールに戻られました。

Jai Sai Ram

source:http://sainews.blogspot.com/

| | Comments (5) | TrackBack (0)

News for August 2, 2004

今朝、バガヴァンは午前7時30分に来られました。一周された後、スワミはヴェーダ吟唱の少年たちの前に来て、さらに進んで女性側から玄関に入られました。スワミはステージに来て車から降り、椅子に座られました。それからスワミは時計を指しながら、勉強の時間なので少年たちにヴェーダの吟唱を止めるよう言いました。彼らが吟唱を止めると、スワミは今日大学はあるかと聞かれました。それから、スワミは午後のプログラムについて聞き、何枚かの写真を撮られた後に少年たちに行くように言いました。

午後には、スワミは午後3時10分に来られました。一周された後、スワミは男性(東)側から玄関に入り、インタビュールームの近くで止まりました。スワミは帰依者を順々にインタビューに呼ばれました。午後4時20分に、スワミは祈祷ホールの中でお座りになりました。およそ午後4時35分にバジャンが始まり、スワミは午後5時にアルティを受けられました。

Jai Sai Ram

source:http://sainews.blogspot.com/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Manasa Bhajore Guru Charanam

マーナサ バジャレー グル チャラナム(MP3, ram)

マーナサ バジャレー グル チャラナム
サイ チャラナム プラナーマミャハム (2)
ニルマラ フルダヤ ヴィラージタ チャラナム
サカラ チャラチャラ ビャーパカ チャラナム
バヴァ サーガラ ウッダーラカ チャラナム
サイ チャラナム プラナーマミャハム (2)

おお 心よ
人生の大海原と死を乗り切るために
サイ(創造の神)の蓮華の御足を崇め、救いを求めよ

Continue reading "Manasa Bhajore Guru Charanam"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Thought for the day -4th August 2004

神は酔い酒のようです。それは神の御名の果実によってつくられます。一度それを味わえば、あなたは他のすべてを忘れるでしょう。あなたは変革するのです。人間は尾を失ったサルだと言われます。そうです、人間は人間と呼ばれる以前に、もっと多くのサルの特性を克服せねばなりません。人間は想い、言葉、行動を神に捧げて、すべてを神の意志に委ねなければなりません。その時はじめて、この「動物」の特性は、神が内在する「人間」となるのです。

ババ

プラシャンティ・ニラヤムの掲示板より
2004年8月4日

Continue reading "Thought for the day -4th August 2004"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, August 04, 2004

プラシャンティ・ニラヤムからの二枚の写真

プラシャンティ・ニラヤムからの二枚の写真
2004年8月1日撮影

下の二枚の写真は2004年8月1日にプラシャンティ・ニラヤムで撮影されたものです。この写真は、バガヴァン シュリ サティア サイババの新しい住居の建築の様子を示しています。新しい住居は、プールナチャンドラホールと、サルヴァ ダルマ ストゥーパの間に建築されています。

Om Sai Ram

http://www.saibabalinks.org/images/others/010804/newresidence02.jpg http://www.saibabalinks.org/images/others/010804/newresidence03.jpg

| | Comments (3) | TrackBack (0)

Tuesday, August 03, 2004

He Shiva Shankara Namami Shankara

へー シヴァ シャンカラ ナマーミ シャンカラ
歌:バガヴァン シュリ サティア サイババ

ダウンロード:
http://www.sathyasai.org/audio/audioprashanthi/heshiva1.MP3
http://www.sssct.org/audio/10hssns.MP3


courtesy:http://groups.msn.com/SriSathyaSaiBaba/

へー シヴァ シャンカラ ナマーミ シャンカラ
シヴァ シャンカラ シャンボー
ヘイ ギリジャーパティ バヴァーニ シャンカラ
バヴァーニ シャンカラ
シヴァ シャンカラ シャンボー

おお シヴァ シャンカラよ!
おお ギリジャーとバヴァーニー(パールヴァティ)の主よ!
汝に帰依いたします

Continue reading "He Shiva Shankara Namami Shankara"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thought for the day -3rd August 2004

真理を瞑想しなさい。そうすれば、あなたはうたかたの如く、水面に浮かんでは消え、ふたたび融合するはかない泡に過ぎないことがわかるでしょう。あなたの誕生は神のおかげです。神とともに生き、神に融合しなさい。すべての生けるもの、さらに言えば生命のない物でさえも、その真理に到達せねばなりません。だから、いま、第一歩を踏み出しなさい。あなたのこころを清め、知性を研ぎすまし、少なくとも神の御名を唱え始めなさい。あとは時が満ちれば解決します。

ババ

プラシャンティ・ニラヤムの掲示板より
2004年8月3日

Continue reading "Thought for the day -3rd August 2004"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

News for August 1, 2004

今朝、バガヴァンは午前7時10分にダルシャンに来られました。スワミはナダスワラム(大きな木製の縦笛)とヴェーダの吟唱によって迎えられました。スワミは中央で車から降り、ステージに上がって椅子に座られました。はじめに、プラシャンティ・ニラヤムMirpuri音楽大学の女性講師の一人によるヴィーナ(弦楽器)リサイタルがありました。およそ30分後に、「理想的な女性としてのシーター」という題目でパネル・ディスカッションがありました。これはアナンタプールの大学教師によって行われました。この間、Rajanikanth氏が中に入り、他のゲストと一緒に座りました。しかし、スワミは椅子を向けることはまったくありませんでした。ディスカッションの最後に、スワミは立ち上がり、講師の一人に指輪を物質化されました。

午後、スワミは午後3時20分に来られました。スワミはホールの中央で降り、午前中にパネル・ディスカッションに参加したすべての人を呼んで、全員にサリーをお与えになりました。その後、ハイデラバードのバル・ヴィカスの少年たちによる劇がありました。それはプロ級のセットで、演技もとても素晴らしいものでした。劇の様々な役者の配置も、とても見事でした。ここ数年間のうちで、もっともすぐれたプログラムの一つでした。午後4時35分に、スワミは降りられ、集合写真のために立たれました。スワミはラーマにネックレスを物質化しました。スワミは再び上がり、腰をかけてバジャンをはじめるように言いました。それからスワミは、リンゴを持ってくるように言いました。スワミは再び降り、役者たちにご自身でリンゴを与えはじめました。それから、スワミはゆっくりと上られました。2、3曲の歌の後、スワミはアルティを受けられました。こうして、インド文化と霊性大会は閉幕しました。

Jai Sai Ram

source:http://sainews.blogspot.com/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thought for the day -2nd August 2004

身体への執着を減らしなさい。身体への執着が増えるにしたがって、あなたの苦しみも増します。あなたの身体を神の宮とみなさい。それは神からあなたへの贈り物です。身体を神聖な行為をするために用い、神の祝福を得なさい。そうすれば、あなたは神を経験するでしょう。霊性修行を続けなさい。あなたの内に、上に、周りに、いつも神がいるという気持ちで満たされていなさい。この気持ちを高め、あなたの人生を形作っていきなさい。愛とともに生きるのです。

ババ

プラシャンティ・ニラヤムの掲示板より
2004年8月2日

Continue reading "Thought for the day -2nd August 2004"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

News for July 31, 2004

今朝、バガヴァンは午前7時10分に来られました。スワミはナダスワラム(大きな木製の縦笛)とヴェーダ・パラヤナム(ヴェーダの吟唱)によって迎えられました。今日は、インド文化会の女性部によって組織されたプログラムの初日です。ホール全体はココナッツの葉、バナナの木、ココナッツとパイナップルを使ってケララ州の様式で飾り付けられました!!スワミは灯りを少女から受け取りました。スワミはステージに来て、ラタンラル夫人に頼まれてランプに灯りをともしました。その後、はじめにチェタナさんがインド文化の重要性について話し、演説者の紹介をしました。ラジェスワリ・バテル夫人はヒンドゥー教について、ナンディニさんは仏教について、ワシントンから来たセルヴィアさんはキリスト教について、そしてシェーバ・バズルッディムさんはイスラム教について話しました。午前8時45分にプラサーダム(捧げ物、お菓子)が配られ、マンディールで仕事をしているお手伝いにはサリーが与えられました。そして、アルティの後、スワミはプールナチャンドラに向かわれました。

午後は、バガヴァンは午後3時10分にナダスワラムとヴェーダに迎えられて来られました。スワミは椅子にお座りになり、主催者にプログラムを開始するように言いました。プリヤ姉妹(ハリ・プリヤとヴィシュヌ・プリヤ(?))による音楽コンサートがありました。スワミは彼らに、Entaro Mahanu BhavuluとNee Dayaradhaを歌うように言いました。スワミは彼らにネックレスを物質化され、付き添いの人々にはサリーとドーティを贈られました。この後、スワミは彼らにもう一曲歌うよう言いました。そして、スワミはヴェーダ吟唱の少年たちの方に向かい、サーマ・ガーナを唱えるよう言いました。10分後に、スワミはアルティを受けられました。プログラムは翌日も続きます。

Jai Sai Ram

source:http://sainews.blogspot.com/

| | Comments (0) | TrackBack (3)

Monday, August 02, 2004

Madhava Mohana Shyama Gopala

マーダヴァ モーハナ シャーマ ゴパーラ(MP3, ram, rm)

マーダヴァ モーハナ シャーマ ゴパーラ
ムラリダーラ ムクンダ ゴパーラ
ドゥワパラ ユガ メー クリシュナ ゴパーラ
ミーラ ケ プラブ ギリダーラ バーラ
シャーマ マノーハラ ヘー ナンダ ラーラ
パルティプリーシュワラ サイ ゴパーラ

パルティのサイは
魅惑的なフルートを吹くドゥワパラ時代(ユガ)のクリシュナ
ミーラの主であり、ナンダの子であるお方

Continue reading "Madhava Mohana Shyama Gopala"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, August 01, 2004

Thought for the day -1st August 2004

世俗の生活は悲哀と苦しみに満ちています。ギーターでクリシュナは語っています―「Anityam asukham loke imam prapya bhajasvamaam」と。この意味は「世界は束の間ではかない、そして苦難に満ちている。それゆえ神を絶えず臆念するのだ」です。人間としての生を授かったなら、あなたは人生において自己実現をしなければなりません。あなたは高貴な道を歩まなければなりません。称賛されて有頂天にならないように。称賛や非難を超越するのです。平安を育みなさい。平安(peace)はどこにあるのでしょう?それはセールの売り場では手に入りません。平安(peace)はあなたの内にあります。あなたの外には「断片(pieces)」があるだけです。

ババ

プラシャンティ・ニラヤムの掲示板より
2004年8月1日

Continue reading "Thought for the day -1st August 2004"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Hari Hari Hari Hari Smarana Karo

ハリ ハリ ハリ ハリ スマラナ カロー
歌:バガヴァン シュリ サティア サイババ

ダウンロード:
http://www.sathyasai.org/audio/audioprashanthi/harihari1.MP3
http://www.sssct.org/audio/14hhhhsk.MP3


ハリ ハリ ハリ ハリ スマラナ カロー
ハリ チャラナ カマラ ディヤーナ カロー
ムラリー マーダヴァ セヴァ カロー
ヘイ ムラハラ ギリダーリ バジャナ カロー

ハリの御名を臆念せよ
ハリの蓮華の御足を瞑想せよ
神聖なフルートを吹くお方、マーダヴァを崇めよ
ムラ(悪魔の性質)を滅ぼしたギリダーリの栄光を讃え歌いなさい

Continue reading "Hari Hari Hari Hari Smarana Karo"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2004 | Main | September 2004 »